アロマ効果で花粉症対策しましょう
花粉症対策バナー

ローズ・オットーのアロマオイル

アロマオイルの効果と効能>ローズ・オットー

アロマテラピーの中には、非常に貴重なアロマオイルを用いるものもあります。50本の花からわずか1滴しか取れないといわれる、ローズ・オットーのアロマオイルについてご説明します。

ローズ・オットーのアロマオイルとは

アロマテラピーのイメージローズ・オットーのアロマオイルは、とても華やかなバラの香りがします。女性にとってはとても魅力的な香りの精油であると共に、不妊症の改善など助成にはとても嬉しい効能を発揮します。

なにせローズ・オットーのアロマオイルを1Kg精製しようと思ったら、5トンの花が必要になるといわれています。それ故にとても高価な精油ですが、ダマスクローズの豊かな香りを考えると欲しくなる女性は多いでしょう。

ローズ・オットーの精油をアロマテラピーに用いれば、お部屋の中はバラの香りで満たされてとても幸福な気持ちになります。アロマオイルの女王と言っても良いのではないでしょうか。

ローズ・オットーのアロマが心と体に与える効果と効能

ローズ・オットーのアロマオイルが心に与える効果と効能は、ストレスからの開放が第一に挙げられます。特に女性の場合は整理前のイライラ改善に、とてもやさしく作用してくれます。

また他人に対する嫉妬心や人を恨むといった、自分にとってとても嫌な感情を排除してくれます。心にぬくもりと陶酔感を与えてくれるので、気持ちを安らかにしたいときにはアロマテラピーに活用しましょう。

ローズ・オットーのアロマオイルが体に与える効果と効能は、女性ホルモンのバランスを整えてくれることです。子宮の強壮に役立ちますので、子宮内膜を強くして不妊対策に効果があるといわれています。

また他にも生理不順の改善、PMSや更年期障害の改善にも効能を発揮してくれますので、まさにローズ・オットーを用いたアロマテラピーは、女性の悩みに対する強い見方といえるでしょう。

その他にも血行促進と抗炎症作用も併せ持つので、肌を引き締めるなどのスキンケア効果が期待できます。整理前のむくみや下腹部などの痛みを改善する効果もあります。

ローズ・オットーのアロマを利用する際の注意点と特徴

ローズ・オットーのアロマオイルを利用する際に注意したいのは、女性ホルモンに影響を与える為、妊娠中には利用してはいけないことです。

ローズ・オットーのアロマオイルはノートがトップ、ミドル、ベースを併せ持ち、ブレンドファクターは1です。主な原産国はモロッコ、トルコ、ブルガリアで、花を水蒸気蒸留法で抽出します。

女性らしさを演出したいとき、オンナ力をアップしたいとき、女性特有の体の悩みに直面したとき、ローズ・オットーの精油を利用したアロマテラピーを行うと効果的です。

なおアロマオイルの効果と効能は薬事法や化粧品等の表示に定められるものではなく、一般にアロマテラピーを執り行う際に言われているものです。個人によってその感じ方には差が出ますので、内容は保証されるものではありません。

当サイトはiphoneとアンドロイドのスマートフォンででご覧いただくことも可能です。
サイトURL:http://www.gosetsumei.com/s/

アロマオイルの効果と効能☆アロマテラピーの楽しみ方(スマホ版)
上のQRコードから読み取るか、URLをスマホにメールで送信してアクセスしてください。

2017年11月25日現在の情報