アロマの香りで、ついうっかりを防止出来ます
アロマオイルで忘れやすい体質を改善

ミルラ(マー・没薬)のアロマオイル

アロマオイルの効果と効能>ミルラ(マー・没薬)

アロマテラピーには、古代エジプト時代から生活に密接な関係を持っていた植物のオイルを使ったものがあります。心をカラダを癒してくれる、ミルラ(マー・没薬)のアロマオイルについてご説明します。

ミルラ(マー・没薬)のアロマオイルとは

アロマテラピーのイメージミルラ(マー・没薬)はアロマオイルとして、現代ではアロマテラピーに用いられています。実はこのミルラ(マー・没薬)という植物は、古代エジプトではミイラつくりに使用されていたのです。

つまりミルラ(マー・没薬)には優れた防腐効果があり、アロマオイルとしては怪我の回復などに役立っています。とても深い香りがして、麝香(じゃこう)を思わせるような独特な味わいを感じさせてくれます。

ミルラ(マー・没薬)のアロマが心に与える効果と効能

ミルラ(マー・没薬)のアロマオイルが心と体に与える効果と効能ですが、精神を研ぎ澄まさせてくれる効果が代表的です。アロマテラピーに用いると、落ち込んだ心の回復や無気力なときにはやる気を起こさせてくれます。

楽天市場で購入できます。

そうは言ってもミルラ(マー・没薬)のアロマオイルには、気持ちを単に高める効能があるわけではありません。実は瞑想にも使われるように、気持ちを整えることでやる気を起こさせると言った作用があるようです。

たとえば資格試験の勉強などで、いまひとつ気持ちが乗らない。かといって変に高揚させても意味が無い時。そういった場合には、ミルラ(マー・没薬)のアロマを用いたアロマテラピーで、気持ちを整えながらやる気を高めてみましょう。

ミルラ(マー・没薬)のアロマが体に与える効果と効能ですが、怪我をしているときには回復を早める作用があるのが特徴的です。古代エジプトではミイラの防腐剤になった植物だけに、人の体に与える効果が大きいようです。

また呼吸器系の障害改善にも役立つので、風邪を予防したり咳がひどいときには、気管支を楽にしてくれる効能があります。その他にも乾燥肌の改善もしてくれますので、ミルラ(マー・没薬)のアロマテラピーは冬向けとも言えそうです。

また女性らしさを引き立ててくれる作用があるので、よりオンナの魅力をアップしたいときにもおススメです。古代エジプトに活躍した植物ですから、クレオパトラのように女性らしさを磨く為に役立ちそうですね。

ミルラ(マー・没薬)のアロマを利用する際の注意点と特徴

ミルラ(マー・没薬)のアロマオイルを利用する際に注意したいのは、妊娠中と生理中は利用できないことです。女性ホルモンに影響を及ぼすようなので、充分に注意をしてください。

ミルラ(マー・没薬)のアロマオイルはノートがベース、ブレンドファクターは1から3、主な原産国はエチオピア、インド、ソマリアです。樹脂を水蒸気蒸留法で抽出するタイプのアロマオイルです。

やはりなんといってもやる気を出して集中力を高めたいときには、ミルラ(マー・没薬)の精油を用いて、アロマテラピーを楽しむことがおススメです。

なおアロマオイルの効果と効能は薬事法や化粧品等の表示に定められるものではなく、一般にアロマテラピーを執り行う際に言われているものです。個人によってその感じ方には差が出ますので、内容は保証されるものではありません。

当サイトはiphoneとアンドロイドのスマートフォンででご覧いただくことも可能です。
サイトURL:http://www.gosetsumei.com/s/

アロマオイルの効果と効能☆アロマテラピーの楽しみ方(スマホ版)
上のQRコードから読み取るか、URLをスマホにメールで送信してアクセスしてください。

2017年5月28日現在の情報