中高年に最適!昼と夜で使い分けるアロマオイル
おじいちゃんおばあちゃんの物忘れ対策

メリッサ(レモンバーム)のアロマオイル

アロマオイルの効果と効能>メリッサ(レモンバーム)

アロマテラピーの中には、その香りをかぐことで気持ちの高ぶりを抑えてくれるタイプのものがあります。生理痛やPMSを緩和する効果もあるといわれる、メリッサ(レモンバーム)のアロマオイルについてご説明します。

メリッサ(レモンバーム)のアロマオイルとは

アロマテラピーのイメージメリッサ(レモンバーム)のアロマオイルはレモンに甘い香りを混ぜたような、フローラル調の香りがします。メリッサはシソ科の植物で、その花にはミツバチが集まります。

メリッサ(レモンバーム)の精油は価格的には高額な部類ですが、アロマテラピーに用いた場合の効果が多岐に渡るため、費用対効果としては優れものともいえます。

その甘い香りを嗅ぐだけでも気持ちの高ぶりが収まったり、ストレスが軽減するのが実感できます。心の苛立ちを抑えつつ、明るい自分を取り戻せるアロマオイルです。

メリッサ(レモンバーム)のアロマが心と体に与える効果と効能

メリッサ(レモンバーム)のアロマオイルが心に与える効果と効能ですが、やはりなんといっても高ぶった気持ちを落ち着かせてくれることです。神経の緊張感を取り除きつつ、明るい気持ちを維持させてくれます。

メリッサのアロマオイルは楽天で

また何かショックな出来事があったり、パニック症状を起こしたようなときにも、メリッサ(レモンバーム)は神経の高ぶりを収めてくれます。

精神的なイライラが募ってヒステリーを起こしたり、心の苛立ちが募るときなどは、メリッサ(レモンバーム)のアロマテラピーを行えば、高ぶりすぎた精神を安定する効果が実感できます。

メリッサ(レモンバーム)のアロマが体に与える効果と効能で、いちばん特徴的なのは女性の悩みである、生理痛の改善とPMSの緩和です。

また緊張感から来る不眠を改善したり、呼吸や心拍数を安定させてくれます。心と共に体をリラックスさせる効能がありますので、神経の方振りから来る疲労感にも効果的です。

その他にもメリッサ(レモンバーム)のアロマテラピーは、湿疹やアトピーと言った肌のトラブルを改善します。アレルギーを抑えたり、止血効果や虫刺されの改善にも役立ちます。

メリッサ(レモンバーム)のアロマを利用する際の注意点と特徴

メリッサ(レモンバーム)のアロマを利用する際に、注意点としては妊娠中には利用できないことが挙げられます。またメリッサ(レモンバーム)のアロマは、ノートがミドルでブレンドファクターは1です。

花と葉を水蒸気蒸留法で抽出し、主な原産国はフランスです。心の高ぶりで心身ともに緊張感を感じたり疲れを感じたら、メリッサ(レモンバーム)のアロマテラピーでリラクゼーションしましょう。

なおアロマオイルの効果と効能は薬事法や化粧品等の表示に定められるものではなく、一般にアロマテラピーを執り行う際に言われているものです。個人によってその感じ方には差が出ますので、内容は保証されるものではありません。

当サイトはiphoneとアンドロイドのスマートフォンででご覧いただくことも可能です。
サイトURL:http://www.gosetsumei.com/s/

アロマオイルの効果と効能☆アロマテラピーの楽しみ方(スマホ版)
上のQRコードから読み取るか、URLをスマホにメールで送信してアクセスしてください。

2017年5月28日現在の情報