アロマ講座画像

レモンのアロマオイル

アロマオイルの効果と効能>レモン

アロマテラピーには、身近な食品に用いられるフルーツから抽出されたアロマオイルを用いるタイプがあります。フレッシュな香りが特徴的な、ミカン科植物レモンのアロマオイルについてご説明します。

レモンのアロマオイルとは

アロマテラピーのイメージレモンのアロマオイルはとてもフレッシュな香りがして、気持ちの切り替えにとても効果的です。部屋の芳香剤などにもレモンが使われるように、その香りはとてもポピュラーなものです。

レモンは食品としても幅広く活躍し、飲料水の気になるニオイを消してくれる効果もあります。また紅茶の香り付けや、フィンガーボールにも利用されています。

その身近な果実であるレモンを利用したアロマオイルですから、初めて利用する人でも違和感を感じることは無いでしょう。フレッシュなアロマを用いたアロマテラピーでリフレッシュしてみませんか。

レモンのアロマが心と体に与える効果と効能

レモンのアロマオイルが心に与える効果と効能は、なんと言っても気持ちのもやもやを取り除いて、リフレッシュさせてくれることです。

オススメのエッセンシャルオイル

またレモンのアロマオイルには、くよくよした心を高揚させる効能もあります。気持ちが落ち込むとつまらないミスをすることがありますので、そういったときにはアロマテラピーに用いると効果的です。

レモンのアロマを用いたアロマテラピーには、心をリラックスさせて安定される効果があります。リフレッシュして気持ちを集中したいときには、とても優れた効能を発揮してくれます。

レモンのアロマオイルが体に与える効果と効能は、優れた血行促進が挙げられます。消化器官の働きを良くて酸の中和をしてくれますので、アロマテラピーに用いれば便秘や下痢の症状を緩和してくれます。

またレモンは柑橘系のアロマに特徴的な、すぐれた消毒作用を持っています。風邪を引いて熱があるときには、解熱作用がありますのでアロマテラピーに利用してください。

この消毒作用にあわせて収れん効果があるので、肌のトラブルに対して効能を発揮します。しみ、そばかす、うおのめ、イボと言った肌のトラブルを改善して、手足の爪を保護してくれます。

レモンのアロマを利用する際の注意点と特徴

レモンのアロマオイルを利用する際に、注意したいは柑橘系アロマに特徴的な光感作です。アロマテラピーを行った後は、すぐに直射日光に当たらないように注意しましょう。

レモンのアロマオイルはノートがトップで、ブレンドファクターは4です。主な原産国はアメリカ、スペイン、イタリア、南アフリカです。主要な成分はリモネンとシトラール、果皮を圧搾法で抽出します。

気持ちのイライラや不安定さは、部屋の香りを変えるだけでも違うもの。すがすがしいフレッシュなレモンのアロマオイルを用いたアロマテラピーで、気持ちの切り替えを行ってみることをおススメします。

なおアロマオイルの効果と効能は薬事法や化粧品等の表示に定められるものではなく、一般にアロマテラピーを執り行う際に言われているものです。個人によってその感じ方には差が出ますので、内容は保証されるものではありません。

当サイトは携帯でご覧いただくことも可能です。
サイトURL:http://www.gosetsumei.com/m/

アロマオイルの効果と効能☆アロマテラピーの楽しみ方(携帯版)
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

2014年12月20日現在の情報