中高年に最適!昼と夜で使い分けるアロマオイル
おじいちゃんおばあちゃんの物忘れ対策

ジャーマンカモミールのアロマオイル

アロマオイルの効果と効能>ジャーマンカモミール

アロマテラピーというと香りが脳を刺激することで有名ですが、それと同時に体に直接効能を発揮してくれます。肌荒れやアトピーなど、皮膚のトラブルに有益なジャーマンカモミールのアロマオイルについてご説明します。

ジャーマンカモミールのアロマオイルとは

アロマテラピーのイメージジャーマンカモミールは、ジャーマンカモマイルとも言われるアロマオイルの一つです。カモミールローマンに比べて、ピリッとした感じで独特な香りがします。

アロマオイルは濃いブルーをしていますが、瓶から取り出すと空気と光に触れることで緑色に変色するのが特徴的です。

主要成分はカマズレン(アズレン)で、この成分には沈静と抗炎症作用があります。そのためジャーマンカモミールは、肌のトラブルに対して直接その効能を発揮するのです。

ジャーマンカモミールのアロマが心と体に与える効果と効能

ジャーマンカモミールのアロマオイルが持つ特徴は、心を静めてくれることです。例えば貴方が何かストレスを感じてイライラしている時、ジャーマンカモミールの香りを部屋に広げると良いでしょう。

また気持ちをリラックスさせてくれますので、気になることがあるなどで眠れぬ晩には重宝します。ジャーマンカモミールの効能を利用すれば、不眠症を改善することが可能なのです。

例えば試験の前日や大きな取引の前の夜、ゆっくりと体を休めなくてはいけないのに、気持ちが高ぶって眠れない。そういった日の特別のアロマオイルとしても、とても重宝に活躍してくれますよ。

次にジャーマンカモミールのアロマオイルが体に与えてくれる効能は、かゆみやニキビ等の炎症を抑えることです。コレは主成分のカマズレン(アズレン)の作用によるものです。

また皮膚全般のトラブルに効果を発揮してくれるので、やけどの時や乾燥肌にもとても良いとされています。

その他にも女性の月経周期を整えたり、生理痛を抑える効果があります。また胃の弱い人は胃炎や消化不良にも効果を発揮するので、ぜひ試してみてください。

カマズレン(アズレン)の効能は沈静作用で、花粉症用の目薬にも使われている成分です。偏頭痛、喘息、湿疹などにも、優れた効果を発揮してくれます。アレルギーの代表的な症状であるアトピーも、ジャーマンカモミールで改善する場合があります。

ジャーマンカモミールのアロマを利用する際の注意点と特徴

まず注意したいのは、妊娠初期の人は使ってはいけないことです。また沈静作用が強いため、仕事の前などには使わないほうが良いでしょう。

ジャーマンカモミールのアロマオイルは、水蒸気蒸留法を用いて花から抽出します。主な原産国はモロッコです。

またジャーマンカモミールのアロマオイルは、ノートがミドルでブレンドファクターは1から3です。主要な成分は、アズレンです。

なおアロマオイルの効果と効能は薬事法や化粧品等の表示に定められるものではなく、一般にアロマテラピーを執り行う際に言われているものです。個人によってその感じ方には差が出ますので、内容は保証されるものではありません。

当サイトはiphoneとアンドロイドのスマートフォンででご覧いただくことも可能です。
サイトURL:http://www.gosetsumei.com/s/

アロマオイルの効果と効能☆アロマテラピーの楽しみ方(スマホ版)
上のQRコードから読み取るか、URLをスマホにメールで送信してアクセスしてください。

2017年7月22日現在の情報