アロマの香りで、ついうっかりを防止出来ます
アロマオイルで忘れやすい体質を改善

フランキンセンス(乳香)のアロマオイル

アロマオイルの効果と効能>フランキンセンス(乳香)

アロマテラピーには古くから人々の生活に密接していた植物を用いる場合があります。イエス・キリストが誕生のさいに、ミルラと共に捧げられたといわれるフランキンセンス(乳香)。フランキンセンス(乳香)のアロマオイルについてご説明します。

フランキンセンス(乳香)のアロマオイルとは

アロマテラピーのイメージフランキンセンス(乳香)のアロマオイルは、イエスの誕生に捧げられた植物から取られるもので、とてもウッディーな香りが特徴的です。

もともと古代エジプトでは、フランキンセンス(乳香)を化粧品や衣料品として使っていたようです。また寺院や祭壇に用いられた植物で、人々とのふれあいは太古からあったようです。

フランキンセンス(乳香)を用いたアロマテラピーは、そういった背景からもとても神秘的な香りに包まれ、気持ちを落ち着けて体を浄化されてくれる効果があります。

フランキンセンス(乳香)のアロマが心と体に与える効果と効能

フランキンセンス(乳香)のアロマオイルが心に与える効果と効能で、代表的なのは日々感じる不安や強迫観念の緩和です。感情の高ぶりを抑える効果があるので、優れた沈静作用で心を静める効能を発揮してくれます。

オススメのエッセンシャルオイル

アロマテラピーに対して、日々の不安の取り除きを求めるのならフランキンセンス(乳香)は、まさにうってつけのアロマいいると言えるでしょう。

また女性の場合には産後にマタニティーブルーと呼ばれる、子育てに対する不安感などを感じる場合があります。そのときにはフランキンセンス(乳香)を用いたアロマテラピーを行えば、元気が回復しますのでおススメです。

フランキンセンス(乳香)のアロマオイルが体に与える効果と効能ですが、まず第一に優れた抗菌作用がありますので、呼吸器系のトラブルを防いでくれる効果があります。

風邪、喘息、気管支炎などといった、呼吸に関するトラブルは、フランキンセンス(乳香)を用いたアロマテラピーで緩和することが可能です。

また皮膚細胞に対して、再生を促す効果がフランキンセンス(乳香)のアロマにはあります。老化してしまった肌の若返りはもちろん、アンチエイジングや乾燥しやすい肌の改善に優れた効能を発揮します。

フランキンセンス(乳香)のアロマを利用する際の注意点と特徴

フランキンセンス(乳香)には特に大きな注意点は無く、妊婦の方でも安心して使うことが出来るアロマオイルです。妊娠中は注意が必要なアロマテラピーですが、フランキンセンス(乳香)の場合は安心して行うことが可能です。

フランキンセンス(乳香)のアロマは樹脂を水蒸気蒸留法で抽出します。ノートはベースでブレンドファクターは3から5、主な原産地はスペイン、イラン、レバノン、です。

フランキンセンス(乳香)のアロマには、強壮作用があるピネンと呼ばれる成分が含まれるのが特徴です。不規則な生活などから来るイライラや不安を解消し、自分らしさを取り入れたいときにアロマテラピーで用いると良いでしょう。

なおアロマオイルの効果と効能は薬事法や化粧品等の表示に定められるものではなく、一般にアロマテラピーを執り行う際に言われているものです。個人によってその感じ方には差が出ますので、内容は保証されるものではありません。

当サイトはiphoneとアンドロイドのスマートフォンででご覧いただくことも可能です。
サイトURL:http://www.gosetsumei.com/s/

アロマオイルの効果と効能☆アロマテラピーの楽しみ方(スマホ版)
上のQRコードから読み取るか、URLをスマホにメールで送信してアクセスしてください。

2017年7月22日現在の情報