アロマの香りで、ついうっかりを防止出来ます
アロマオイルで忘れやすい体質を改善

シナモンのアロマオイル

アロマオイルの効果と効能>シナモン

アロマテラピーでは、普段食品としてなじみのある植物を用いることがあります。お菓子の材料としてもお馴染、シナモンのアロマオイルについてご説明します。

シナモンのアロマオイルとは

アロマテラピーのイメージシナモンはクスノ木科の植物で、スイーツのスパイスとして利用されています。ニッキの香りとして名高く、世界中で有名なアロマです。

その普段はお菓子の材料として使われるシナモンですが、アロマオイルとしては気分の高揚という効果と効能を発揮してくれます。

元気が出ない時など、気持ちに活を入れたいときにはシナモンのアロマはお勧めです。クッキーなどに利用するだけではなく、アロマオイルとしても優れた効能を発揮してくれるのです。

シナモンのアロマが心と体に与える効果と効能

なんといってもシナモンのアロマオイルが心に与える効果は、気分を高揚させてくれることです。疲れた心に作用して、気持ちを高ぶらせる効能を発揮してくれます。

気力を回復させて何か物事に取り組みたいとき、何か新たなことをはじめるとき。気持ちを高めたい時には、ぜひシナモンのアロマオイルを使って、その効果を実感してみてください。

仕事に行くのが辛い朝など、気持ちを高めるのにはとても効果的です。シナモンはスイーツに使われるスパイスですが、とても優れた効能を持つアロマオイルでもあるんのです。

シナモンのアロマオイルが体に与える効果で代表的なのは、体調を整えてくれることです。また体の痛みを取る効能があり、疲れた体を支えてくれるのです。

また強心作用もある為、充実した気持ちを支える体つくりにも役立ちます。たるみやイボにも効果を発揮してくれるので、気持ちの張りに体が付いていくようになることでしょう。

他にもイランイランほどではありませんが、催淫作用があるので夫婦生活の向上にも役に立つアロマオイルです。

シナモンのアロマを利用する際の注意点と特徴

アロマテラピーのイメージシナモンはスパイスに使われる植物でもあり、アロマオイルとしても肌刺激があるので注意しましょう。また生理中には使用しないように、あわせてご注意下さい。

シナモンの主な原産国は、マダガスカルとインドネシアです。抽出部分は花蕾、樹皮、葉の部分、水蒸気蒸留法で抽出されます。

シナモンのアロマオイルはノートがミドル、ブレンドファクターは1となっています。主要な成分は、オイゲノールとシンナムアルデヒドです。

なおアロマオイルの効果と効能は薬事法や化粧品等の表示に定められるものではなく、一般にアロマテラピーを執り行う際に言われているものです。個人によってその感じ方には差が出ますので、内容は保証されるものではありません。

当サイトはiphoneとアンドロイドのスマートフォンででご覧いただくことも可能です。
サイトURL:http://www.gosetsumei.com/s/

アロマオイルの効果と効能☆アロマテラピーの楽しみ方(スマホ版)
上のQRコードから読み取るか、URLをスマホにメールで送信してアクセスしてください。

2017年5月28日現在の情報