アロマの香りで、ついうっかりを防止出来ます
アロマオイルで忘れやすい体質を改善

カモミールローマンのアロマオイル

アロマオイルの効果と効能>カモミールローマン

アロマテラピーのなかには、心を鎮めてくれるオイルを活用することがあります。そのなかから代表的なアロマ、カモミールローマンのアロマオイルについてご説明します。

カモミールローマンのアロマオイルとは

アロマオイルのイメージカモミールローマンのアロマは、ローマンカモマイル等とも呼ばれていますが、すべて同じアロマオイルの事を指しています。

カモミールローマンの花はキク科の植物なのですが、その香りはリンゴに良く似ています。ですのでギリシャ語の「地面のリンゴ」が、名前の由来となっています。

ヨーロッパの各地では古くからハーブティーに利用され、眠る前に飲むことで気持ちを鎮めてくれる効能がある事が知られていました。童話の中では眠る前の子供が、カモミールローマンのハーブティーを飲むシーンが登場したりします。

カモミールローマンのアロマが心と体に与える効果と効能

さてカモミールローマンのアロマオイルですが、心に対してどのような効果と効能があるのかを具体的にご説明します。まずなんと言っても心を鎮めてくれるので、リラックスや不眠の解消に役立ちます

現代社会はストレス社会とも言われますので、仕事や社会生活に疲れた心を癒してくれるでしょう。何か気になることがあり、眠れない夜にはとてもオススメです。

アロマテラピーに対して、心を安らかにする効果を期待する人は数多く存在します。貴方がもしそうならば、ローマンカモミールのアロマオイルはオススメできます。

次に体に対してですが、痛みやかゆみを改善してくれる効果が期待できます。また女性特有の月経にも効能があり、生理不順の解消にも効果があると言われています。

また更年期に起こるさまざまな症状に対しても、改善してくれる効果があるようです。カモミールローマンのアロマオイルは、まさに女性の味方と言った効果を発揮してくれます。

また他にもニキビや皮膚炎、アレルギー性の皮膚炎の改善にも役立ち、湿疹やかぶれにも穏やかな作用を及ぼすと言われています。

カモミールローマンのアロマを利用する際の注意点と特徴

アロマテラピーのイメージカモミールローマンのアロマで注意する点としては、妊娠初期には使用しないことです。ホルモンバランスに影響を与えるので、良くないようです。

またカモミールローマンの主な原産国は、フランス、ドイツ、南アフリカ等です。ノートはミドル、ブレンドファクターは1〜3です。抽出部分は花で、水蒸気蒸留法で抽出されます。主要な成分は、アンゲリカ酸です。

なおアロマオイルの効果と効能は薬事法や化粧品等の表示に定められるものではなく、一般にアロマテラピーを執り行う際に言われているものです。個人によってその感じ方には差が出ますので、内容は保証されるものではありません。

当サイトはiphoneとアンドロイドのスマートフォンででご覧いただくことも可能です。
サイトURL:http://www.gosetsumei.com/s/

アロマオイルの効果と効能☆アロマテラピーの楽しみ方(スマホ版)
上のQRコードから読み取るか、URLをスマホにメールで送信してアクセスしてください。

2017年11月25日現在の情報