楽天市場で一押しのアロマオイルセット

アロマオイルとは

アロマオイルの効果と効能>アロマオイル

アロマオイルとは、その香りが持つ効果と効能で自然の癒しを得られる天然成分のオイルです。アロマオイルを正しくアロマテラピーに用いる事で、その豊かな香りが奏でるさまざまな効果と効能を楽しむことが可能です。

アロマオイルの特徴

それではアロマオイルについて、その概略をご説明していきます。アロマオイルとは植物から抽出されたオイルで、純粋に混じりけの無いピュアなタイプを精油とも呼びます。

アロマを買うならこのお店

アロマオイルの中でも、精油と呼ばれるものは価格も高く、アブソリュートという名前も用いられます。本来の自然香を楽しみたい場合、出来れば精油を選ぶようにしましょう。

一般的にどのアロマオイルも独特な香りを持ち、それが心身に影響を与えるといわれています。
また植物の持つ自然治癒の力が、効果や効能を発揮してくれることが期待されるものなのです。

実際に海外では医療の現場でも、アロマテラピーを用いる場合もありますし、それぞれオイルの元となる植物には古来から薬草として親しまれたものも存在します。

また対象となる植物によって、アロマオイルを抽出する部位が違います。花、果皮、葉、心材、果実、樹皮等、植物のさまざまな部分が使われています。

アロマオイルの香りには、大きく分けて、つの系統があります。それらはハーブ、柑橘、フローラル、エキゾチック、樹脂、スパイス、樹木。以上の7つの系に分けるのが、一般的とされています。

当サイトは携帯でご覧いただくことも可能です。
サイトURL:http://www.gosetsumei.com/m/

アロマオイルの効果と効能☆アロマテラピーの楽しみ方(携帯版)
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。

アロマオイルのブレンド

その他にもアロマオイルの香りには、ノートと呼ばれる分類あります。それぞれトップノート、ミドルノート、ベースノートと呼ばれます。トップは揮発性が高く香り立つのが早く、気持ちを高揚させます。ミドルは中間的な香りで、ブレンドする時には中心的な役割をします。ベースは気持ちを鎮め、リラックスさせてくれる効果があります。

アロマオイルにはその他にもブレンドファクターと呼ばれる数字があり、この値が低いほど香りが強くなります。ブレンドオイルを作るときには、香りの強さを測る基準として使われます。

アロマオイルの抽出方法

さてアロマオイル、精油の抽出方法ですが、大きく分けると3つの方法があります。それぞれ水蒸気蒸留法、圧搾法、溶剤抽出法と呼ばれています。以前はこれら以外に油脂圧着法がありましたが、現在は殆ど使われていません。

水蒸気蒸留法は植物の成分を水蒸気で蒸して、その後冷却して抽出します。圧搾法は柑橘系の果皮から成分を抽出する方法で、熱を加えないのが特徴的。溶剤抽出法は揮発性の溶剤(エーテルやベンゼンなど)で成分を溶かしだして、最後にアルコールで抽出します。

またアロマオイルの中でも、溶剤抽出法によって得られたものはアブソリュートと呼ばれます。英語の表記では頻繁に使われていますので、アブソリュートの表記があるときにはこの方法で抽出されたものである事が分かります。

アロマオイルの選び方

アロマテラピーのイメージアロマオイルとひと言に言っても奥は深く、最近は合成油のようなものが100円ショップでも売られています。

心と体に対しての効果と効能を正しく期待するのであれば、しっかりとしたピュアなアロマオイルを選びましょう。専門店や通信販売を使えば、決して高くない価格で手にはいります。

またアロマオイルには、使用にあたり注意するポイントもあります。中でも柑橘系のオイルには、光感作と呼ばれる作用があります。これは皮膚に残った成分が、紫外線と反応してかゆみを起こしたりシミの原因となる症状です。日中のお出かけ前よりも、帰ってから夜間の利用がオススメです。

アロマオイルのそれぞれの効果と効能については、代表的なものを個別紹介していますの。なおアロマオイルの効果と効能は薬事法や化粧品等の表示に定められるものではなく、一般にアロマテラピーを執り行う際に言われているものです。個人によってその感じ方には差が出ますので、内容は保証されるものではありません。

当サイトはiphoneとアンドロイドのスマートフォンででご覧いただくことも可能です。
サイトURL:http://www.gosetsumei.com/s/

アロマオイルの効果と効能☆アロマテラピーの楽しみ方(スマホ版)
上のQRコードから読み取るか、URLをスマホにメールで送信してアクセスしてください。

2017年7月22日現在の情報